スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
エアニックスと、エアグルーヴの田中厩務員
2008/12/31(Wed)
008_20081231123704.jpg
 かつて伊藤雄厩舎でエアグルーヴ、ファインモーション、ワコーチカコ、メイショウラムセスなどを担当、栗東千人あまりいる厩舎スタッフの中でも屈指の有名人、田中一征(かずゆき)厩務員です。
 伊藤雄厩舎解散後は、新規開業・梅田智之(ダイタクヘリオスの梅田康雄調教師の息子さん)厩舎に伊藤雄厩舎からこのエアニックスを連れて異動となる。

 田中一征厩務員は昭和35年、大阪南部の“毛布の街”泉大津市に生まれる。実家も毛布関係の町工場を経営していたが、お父さんは彼が中学生のころ病死する。
 高校時代は初芝高校で野球漬け(PL学園、全国優勝した西田(法政→広島)木戸(法政→阪神)らと同期)の日々を過ごす。卒業後は大阪のスポーツ用品メーカーに勤めたが、生来の動物好きから神戸王子動物園飼育係などの試験も受け、勤め始めて3年目、知人から「競馬学校厩務員課程募集」のことを知らされ、8キロの減量をして入学する。

 テンポイントと山田厩務員、オグリキャップと池江厩務員、メジロマックイーンと早川厩務員、ディープインパクトと市川厩務員、最近ではここでよく紹介しているダイワスカーレットと斉藤厩務員というように、名馬あるところに名担当者が存在する。「エアグルーヴと田中厩務員」ももちろん歴史に名を残すコンビの一つだ。

 エアグルーヴは期待にたがわずいい子を出しているが、ファインモーションはどうやら体の機能的な問題から不受胎が続いているようだ。「競走能力から言えばファインもエアグルーヴをしのぐほどの馬で、子供が出ないとなると残念な気がする」と話していた。
 写真のエアニックスは年明け中山サンライズS(芝千二)に出走するとのこと。2年前、まだ伊藤雄厩舎所属の頃もこのレースに出ていていいところがあったので、期待しているという話だった。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<賀正 ボランタス | メイン | 凱旋お披露目>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/241-9e9ecbdf

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。