スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
坂路「小」小屋新メンバー
2009/02/26(Thu)
008_20090226024330.jpg
下の武豊撮影のときと同じ日の撮影ですが、手前左が友道調教師、右が3月開業、須貝新調教師(元騎手)です(はなはだしい逆光ですが)。
この坂路有数調教師が陣取るポジションにも変遷が来ている。
そういえば、この “窓際一等地” に坂路開設以来陣取っていた小林稔調教師が今年1月にひっそり亡くなったらしい。
ぼくが初めてこの小屋に来た92年、一番左の席から窓を開けてミホノブルボン騎乗安永助手に声を掛けていた戸山調教師は翌年、現役のうちに亡くなっいる。
今週は個人的に世話になったビワハヤヒデ、ファレノプシスの浜田光正調教師の引退式もある。
まだまだトレセン“ポイ入り”レポーターだという思いもあるのに、振り返ってみると結構長くなっていて、若干しんみりしたりしている。

あ、この週に友道さんに話を聞いた分には(サクラメガワンの京都記念は惜しい2着だったが)、アンライバルドはスプリングS、ブロスアンドコンズは(共同通信杯使った直後だったこともあり)まだ未定ということだった。
007_20090226030436.jpg
ちなみにこれが坂路小屋を下から撮った写真です。
手前の窓が 「小」 小屋で、奥の高い位地にある窓が 「大」 小屋です。
もちろんこの大小屋を定位置にしている坂路調教師もいるわけだけど、ぼくは坂路上り始めて17年、まだこの大小屋には行ったことがない。馴染みの調教師がいないということもあるが、何となく怖いという、単なる思いこみイメージがあって。
でもこうやって、二つの小屋を重ねた写真見ると、何だか田舎町の消防署の写真みたいだね。奥の建物の天井からロープ渡して「ハアー、田中わたりますぅ!」とか声出して消防士が訓練始めそうだ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<自信をもってテンシノゴールド | メイン | あとだしジャンケン?>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/270-b31d5e6d

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。