スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
一周待って
2009/10/30(Fri)
ヤマニンキングダム3
ホワイトベッセルに気を奪われて、一周目は撮りそこねたヤマニンキングリーだが、もう一周待って、何とか撮れた。
ゼッケンは付けてないが、河内調教師に直接確認したんで、キングリーに間違いないと思う。
でも天皇賞組、この日撮れたのはこのキングリーだけになった。申し訳ない。
向こうに見えるのは河内厩舎。
この「イ-22」は以前は瀬戸口厩舎のあった建物で、オグリキャップもネオユニヴァースもここにいた訳だが、おそらく来年には取り壊され、新しい建物に変わることになると思う。

あと、「河内とヤマニン」といえば個人的にはヤマニングローバル(浅見国厩舎)です。
スポニチコラム書き出した92年秋の天皇賞、15番人気だったわが◎河内ヤマニングローバルが直線坂上、一瞬先頭に立った。2番手ムービースター。
当時は馬連しかなかったが、ヤマニン=ムービーはあなた、5万馬券、わたくしこれを千円握っておりまして、一瞬万札の束が頭にちらつき、家のテーブルを「河内、河内、河内」と三度叩いたとき、大外をレッツゴーターキンという無印の馬 (11番人気) が駆け抜けた。
これがいま親しくさせてもらっている橋口厩舎の初GⅠだった。

残念無念だったが、一ヶ月後、当時20歳だった講談師・太平洋が「いつもぼくのグローバルを本命にしてくれてありがとう」というファンレター(ねぎらいの手紙?)をくれた。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<個人的な祝いで | メイン | 白い王子さま>>
コメント
-  -
先生と太平洋さんの出会いがヤマニングローバルだったのは初めて知りました。

2009/10/30 22:39  | URL | 典 #-[ 編集] ▲ top
-  -
懐かしい~「イ-22」

オグリキャップ、オグリワン、オグリローマンがいた頃、良くおじゃましました。
2009/10/31 20:10  | URL | まさ #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/447-2ec84d7b

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。