スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
深窓の令嬢
2009/11/06(Fri)
ラナンキュラス2
ファンタジーSで恐らく一番人気になるであろうラナンキュラス (矢作厩舎) です。
スペシャルウィーク×ファレノプシスで、スペシャルもファレノも黒鹿毛で、この子も当然黒鹿毛かと思いきや青毛となっている。
毛色の名称でいつも不思議に思うのだが、一番黒いのは「黒鹿毛」ではなくこの「青毛」である。
(牛だと黒毛というのがあるけど、馬にはなぜかない)

真っ黒だなあと思って見たサンデーサイレンスやフジキセキでも青毛ではなく、青鹿毛(黒鹿毛より黒い)である。
牝馬三冠のメジロラモーヌは?あれは黒かったぞと思って調べてみたが、やっぱり青鹿毛である。
この前死んだカツラノハイセイコは?あれこそ黒かった。あれは青毛だろうと思ったが、調べると黒鹿毛で、そんなに真っ黒じゃないと分かった。(ややこしいけど、黒鹿毛はそんなに黒くないのよ)

意地になって調べたが、現役馬でも青毛は数は少なく、有力どころでは、皐月賞・菊花賞3着のセイウンワンダーぐらいだ。(セイウンクノイチというお母さんは青鹿毛だが、お父さんのグラスワンダーは栗毛だ、何で青毛が出てくるんだ?)

しかし引退実績馬では、シーザリオ、ローズバドなどの牝馬がいる。彼女たちの青毛伝説を継ぐことになるかもしれない。

矢作厩舎は9月に新規建物に引っ越したが、写真のように各馬房に全部首出し口が付いている(写真などで見るヨーロッパ風厩舎のようだ)。
これらは全部自前の改装だそうで(霧噴射ミストなども装備されている)費用かかったんだろうなあとは思うが、この首出し口は特に馬をかわいく見せる。
ズラッと並んだ馬房から、ほとんどの馬が首だけちょこっと出して「何?何?何かおいしいものくれる?」とこっちを見ている。
その中でも特にこのラナンキュラスはおとなしく、さわりに行っても、ただじっとしてる。
真っ黒い馬体に白い流星も品があるし、良血 “深窓の令嬢” のムードが出ている。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<可憐な微笑み | メイン | 天皇賞のご褒美>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/451-d8ced655

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。