スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
胸に秘める藤田伸二
2009/12/25(Fri)
セイウンワンダー・藤田(たぶん)2
下見所にカメラマンたちが集まっていて、遅れてはならじと、こっちも急いでカメラ向けた。
馬が通りすぎたあと、「いまの何ですか?」と見知らぬカメラマンに聞くと、「え?」と「お前なんや」という目つきで見られたあと「セイウンワンダーだよ」と吐き捨てるように教えてくれた。
吐き捨てても何でも、教えてくれるだけ、このカメラマンは優しいのです。

一般にトレセン・マスコミ陣、[記者・トラックマン系]と[カメラマン系]に分かれていて、この二つの系の間にはある種みぞがあるように感じる。
それにこっちのヒガミもあって、望遠一眼レフを持ったカメラマン系は、“おばちゃんデジカメ”持ったオッサンには特に冷たいように思うのだ。
とにかく「セイウンワンダー」を教えてくれたカメラマンは優しかった。

セイウンワンダー(領家厩舎)、いまから馬場入りするところです。
名前入りの馬服もカッコいいし、馬自身もさることながら、鞍上の藤田伸二(たぶん)が、何か胸に秘めた思いを確かめるような風情でカッコいいじゃないか。

去年の夏、久々新潟に行ったとき、新潟2歳を勝ったのが、このセイウンワンダーだった。
あれ以来、長期休養もないし、道悪ダービーのドカ負けを除けば、短い距離も長い距離もいつもしっかり走って、この馬も大したものだ。

胸に秘める藤田伸二が初騎乗で何かやるかもしれない。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<来年ダービーまで! | メイン | う!この人は!>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/480-ea26cf28

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。