スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
初重賞、本人にかわって御礼!
2010/02/03(Wed)
小林慎一郎アグネスレゴン
このブログも、そこそこ量が多くなって、最初からの写真を全部把握することが大作業になってきた。
これもアクセスしてくれるみなさんのおかげだと、こういうところはしっかり謝辞を入れるべきポイントです。

そういうことで、これもどこかで一度アップしていると思うけど、小林慎一郎 (おそらく) 小6ぐらいのときの写真です。
小柄だし、バク転とかできて運動神経もあるし、このころから「ジョッキーになりたい」とはっきり言ってました。

大勢の人から祝福コメントいただき、ありがとうございます。
ほんと、よかった。

今日(3日)もトレセン行きましたが、矢作厩舎には慎一郎目当てにテレビカメラや記者やら、ぼくらのようなフリーライターやら、色んな取材陣がつめかけていて、たぶんジョッキー(あるいはスポーツ選手全般)はこういうことをカテに大きくなっていくんだろうという気がした。

ちなみにこのアグネスレゴン (浜田厩舎) は父親・小林常浩 (当時調教助手・現ライター) の担当馬で、調べてみると、94年ぐらいの頃は、現角居厩舎スポークスマン、清山宏明が主戦で乗ってたんやね。
イブキカミナリモン - コピー
さらにちなみに、これが93年当時の、コバシンの父親コバツネ (小林常浩) です。
「なにか文句あんのか」と客を睨みながらパドック回っているけど、いい男だよな。
まだアル中には見えない。
「女が寄ってくるんだから仕方ねえ」とうそぶいていた時代の写真です。

93年菊花賞当日、後ろに同厩舎ビワハヤヒデの横断幕が見えるけど、この馬はビワハヤヒデではない。
菊花賞の前の前の天王山特別で、ハヤヒデと同じく岡部騎乗で、2番人気ながら12着に敗れたイブキカミナリモンであります。
「浅草カミナリモンていやあ、中学の頃、カツアゲしてた場所だよ」と言いながら馬を紹介してました。

コバツネ氏、長らく肝臓痛めて入院しておりましたが、復帰しております。
いまはカルピスとか飲みながら、人の話にも耳を傾ける性格に変わったというもっぱらの噂でありますが、退院後会ってないので真偽のほどは分かりません。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<テレビインタビュー | メイン | 東京行きます>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/498-72c4bb01

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。