スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
闘将枯れじ
2010/02/06(Sat)
(7) トウショウカレッジ(池添厩舎)
池添厩舎というのは、割合フリーな雰囲気があり、各馬の歩様見るために厩舎前に立っていた池添調教師に聞くと「撮影?ああ、いいよ」と言ってくれ、洗い場にいた長い付き合いの古小路助手(元騎手)に聞いても「トウショウカレッジ?ああ、あの一番奥のウマヤだぁ」と大分弁イントネーションで教えてくれる。
行ってみると、馬房ハナマエには誰もいない。
教えてもらった一番奥の馬房に行くと、確かに「トウショウカレッジ」と名札がかかっているんだけど、引き戸が閉まり、小さなカンヌキまで差し込んである。
「え?これって勝手に開けていいの?」と周りを見回すが、スタッフは誰もいない。
また洗い場まで引き返して「カンヌキ開けてくれない?」と頼むのも申し訳ないし、見れば簡単に引き抜けそうに思える。
「開けていいんかなあ?」と金網から中を覗くと、トウショウカレッジが「開けてよ、大丈夫」とこっちに鼻を寄せてくる。
カンヌキ抜いてソロッと扉開けると、ごらんのように狭い隙間を待ちかねたようにカレッジが顔を出してきた。
「早く開けて欲しかったのに」と俯きながらブツブツ呟いていた。

休み明けで、しかも明け8歳ということで全然人気ないけど、坂路タイムもいいし、シルクロードという名の短距離S、一発あるかもしれないよ。
ずっと「闘将枯れじ」という見出しうって本命にしてきたけど、明け8歳になって、いよいよこの見出しがぴったりしてきた。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<タイセイレジェンド | メイン | 弟じゃダメですか?>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/503-7a5f0fa7

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。