スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
松国ローテだ
2010/04/05(Mon)
(4)ダノンシャンティ・高野調教師
毎日杯を勝ったダノンシャンティと、松国厩舎スタッフであるとともに先日調教師試験を通った高野友和新調教師 (おそらく来年3月開業) です。
松国厩舎から独立ということで言えば、角居・友道両調教師のあとを継ぐということだから、これはまたこれで凄い厩舎になるんじゃないの?

それはさておき、ダノンシャンティである。リルダヴァルやルーラーシップを相手にあの快勝だから、かなりの大物であることは間違いない。
松国調教師の自信も相当なものだった。
毎日杯→NHKマイル→ダービーは、クロフネやキングカメハメハも通ってきた (最近では昆厩舎のディープスカイもこの路線だった) 得意の“松国ローテ”だ。
トーセンファントムが故障引退となって、今年は無理かと諦めかけた「3度目のダービー」だが、松国厩舎に再び希望のランプがともってきた。

個人的希望も込めていえば、たぶんダービーはヴィクトワールピサ、ローズキングダム、ダノンシャンティの3強になる。
角居、橋口、松田国、みんな侵入できる厩舎じゃないか。
このブログの充実も合わせて期待できる。
あ、ジョッキーも岩田、小牧、安勝の、地方競馬出身の3人か?

どちらにしても嬉しい流れだ。
松国厩舎調教タイム
松国調教師の手で見せてもらった先週水曜の追い切りタイムだ。
このメモを見ながら、松国調教師は追い切り日には各馬のオーナーに電話報告する。

ひょっとしたらどこの調教師でもやることなのかもしれないが、ぼくが目撃するのは松国調教師だけなので、いつも「丁寧に報告するんだなあ」と感心して見ている。

このメモを見せてもらったのは、今年初めて一口というやつに投資したクールクラージュという馬がいて、「クールクラージュどうでしょうか?」と松国さんに聞いたからだ。
真ん中へんに「クールクラージュ」という名前もあるよね。
「54秒8、ラスト13秒6」と書いてある。
今週さらに強い追い切りをかけて、タイムがアップすれば2走目を考えるということだった。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<素直?偏屈? | メイン | 台の下で、こっそりとね>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/542-d1cc9f8b

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。