スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「なかなかやるじゃないか!」 「どうもっス」
2010/04/21(Wed)
ヴィクトワールピサ1

先週は無念の“痛風トレセン欠席”だった。
今週は痛風は明けたが、GⅠハザカイ週だし、「来週の天皇賞週に頑張ろう」とゴロゴロ自宅待機を決め込んでいた。
でも雑誌「UMAJIN」から電話が入り、「角居調教師の喜びコメントとダービーへの抱負を取ってきて欲しい」と言われる。
「いまごろ角居さん、あちこちから取材とか馬主祝賀会とかで大変なんだろ?」などと思いつつ、携帯掛けると案の定、留守電だ。
「な、そりゃ大変だよ」などとぼやきつつ、ママチャリでコンビニ弁当買いに出掛けると、坂道のところで前カゴに入れていた携帯が鳴る。角居さんからの折り返し電話だ。慌てて、スリップして落ちそうになるママチャリを止めて話す。
「あ、明日の水曜なら厩舎にいますから、いいですよ。取材も色々入ってますが、昼過ぎなら」と言われる。
開業10年で国内GⅠ・16勝、海外GⅠ・3勝、もう向かうところ敵なしの感のある“セカイのスミイ”だが、でも相変わらず優しい。

今回は「チャチなデジカメでもいいから、写真も一緒に撮ってきて」という雑誌社の依頼があったので、話を聞いたあと「ヴィクトワールとのツーショット写真、お願いします」と頼む。
扉を開けて出てきたヴィクト、実はヴィクトの馬房写真はこれが初めてなんだけど、いやあ何だか、神々しいものがあった。GⅠ馬だと、そういう目で見るから余計感じるんだろうけど。
でも、こうやってあらためて写真見ると、優しい顔してるね。

何枚か撮ると、角居さん、ニンジン持ってきて「これやってください、シャッター、ぼくが押しますから」と言う。ほんと、GⅠ・19勝調教師、涙が出るような優しさだ。
でも“肥満・痛風乗峯とヴィクトのツーショット写真”はもちろんアップしない。

前にも書いたけど、角居厩舎は向かって右が女子寮、左が男子寮なのでウオッカのいた馬房とは遠く離れている。カネヒキリやデルタブルースのいた馬房とはめちゃくちゃ近い。ことによると同じ馬房かもしれない。

あ、それから 「ぼくのブログはトライアンフマーチのファンが多いので、トライアンフの写真もいいですか?」とこれももちろん聞いたよ(マイラーズC、いい走りだったね)。
「マーチ?マーチはどこだった・・・?」などと言いつつ、角居さん、在厩状況を示すパネルを見に行き、「そうだ、今日の朝、グリーンウッド(近郊牧場)に出たんだ」と納得していた。
マーチ、次は安田記念だそうです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<市川夫妻、アン・フォゲッタブル | メイン | ローキン>>
コメント
- 世界の角居はやさしいな -
乗峯さんこんばんは。
出来れば角居カメラマンの、ヴィクトとのツーショット見てみたいです!(モザイク処理でどうでしょう?)
いつも角居厩舎へ行くたびに、トライアンフも気にかけて下さってすいません。
角居さんのやさしい所がよくわかります。
痛風に負けずにがんばって下さい。
2010/04/22 19:34  | URL | みどぐま #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/555-7ac9460c

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。