スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
朝イチの混雑
2010/05/15(Sat)
(2)混雑角馬場・角居調教師
今週は下に書いたように、坂路角馬場に着いたのが、まだ馬場開場前の午前5時半だった。(こんな時間に坂路行ったのは初めてのように思うが、誰も誉めてくれない)
確かに、噂で聞いていた通り角馬場は大変な混みようで、特殊ゼッケン付けた有力馬もたくさんいたが、チラッと見えたら「え、どこ行った?」みたいな感じでまた馬混みに隠れてしまうというような状況だった。

これだけ混んで事故とか起こらないの?という雰囲気だが、馬というのは群生動物だからなのか、一頭だけ跳ね上がるというようなことはないようだ。

手前にズラッといるのはダークグリーンに黄色のマークの角居軍団だが、「1940」の芦毛馬(ヒラボクソング)に乗って左後方を見ているのは角居調教師である。
角居さんは、“騎乗する調教師”の一人だが、見ていると、ウオッカとかヴィクトワールピサとかという超有力馬には乗らないことにしているみたいやね。
「ヴィクトワールはオレが乗る!」なんてことは言わないようだ。

ちなみに柵の手前で馬場を見ている赤い背中は、小崎憲調教師だ(たぶん)。
実は間近で見たのは初めてなのだが、やっぱり若かった。
39歳ということだから、そりゃ若いわな。
角居さんより5歳ぐらい若いんだけど、この人なんかは馬に乗らないんだ。
人手が足りてるってことか?どうなんだろ。
(7)ミクロコスモス(角居)
角居さんの後ろに (芦毛の尻が角居調教師の乗るヒラボクソングだと思う) 特殊ゼッケンのミクロコスモスがいた。

そういえば、厩舎周りの乗り運動なんかでも、角居さんの後ろにウオッカがいることが何度かあった。
そういうその週の有力馬の前に調教師騎乗の馬を置くてなことが習慣になってるんだろうか。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<天皇賞男 | メイン | 待つわ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/568-fcb44bbc

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。