スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
天皇賞男
2010/05/16(Sun)
(3)ウィリアムス
左上の時計を見てもらうと分かるけど、坂路角馬場ついて15分、午前5時45分になって天皇賞男クレイグ・ウィリアムスが何やら英語喋りながら (当たり前か) 到着した。
小崎厩舎スタッフと何やら言っているから、小崎厩舎の馬の調教に乗るんだろう。

32歳ということだが、結構ふけた感じなんだ。
これは失礼か。
老成しているというべきか。
これも失礼か、どう言やええんや?
オーストラリアで人生の辛酸をなめてきた感じなのだ。
ああ、もっと失礼か、なんだか分からん。

右側の女性は通訳で、加用調教師の娘さんらしい。
25歳、独身、こちらは若々しかったよ。当たり前か。
150.jpg
ね、けっこう老けた感じだよな。

この馬「732」は森厩舎のゴールデンルーヴェだ。
ということは、小崎厩舎スタッフじゃなくて、森厩舎スタッフと話してたのか。

どっちも真っ赤な厩舎服だから、こういう間違いはトレセンではよくあることなの。

今日土曜新潟メイン中ノ岳特別で2着に来ている。
もっと早くアップしてれば、誰かの馬券の役に立ってたかもしれないなあ。
ぼくは小崎厩舎の馬に乗ってると思ってたぐらいだから、当然取ってない。

取ったの中野だけ?特別、なーんてね。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<エーシンリターンズ | メイン | 朝イチの混雑>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/569-9168912f

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。