スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
驚異の記者会見
2010/10/13(Wed)
秋華賞共同記者会見

秋華賞週の今日の一番の驚きはこれだった。
こんなホワイトボードの、何に驚くんだというところだが、よく見てもらいたい。
調教師がすべて関東の人だ。
西で行われるGⅠであり、栗東トレセンで行われる記者会見なのに、関東の調教師三人が出てくるという、これはちょっとした事件だ。
一つには関東の三歳牝馬が力を持っているということであり、もう一つには栗東滞在の効果が浸透しているということだろう。
しかも関東の調教師は、たぶんすぐに移動しなければいけないからだろう、見よ、この時間の早さを。
6時10分、6時20分て、いまは馬場開場が6時なのに、ババッと一番追いやって記者会見ということだ。これも異例の記者会見である。
ジョッキーも、このボードの通り、蛯名、後藤が来栗し、話では三浦皇成も来ていたらしい。
大変なことだ。
オークスを分け合ったサンテミリオンも参戦するし、下馬評通り、関東馬席巻の秋華賞ということになるんだろうか。
フプリコットフィズ・武豊・蛯名
「いやあ、びっくりするような記者会見だせったなあ」などと呟きつつ、一度、事務所行って、関東馬のゼッケン番号を何とか調べられないか聞いてみようと、倉見門の方に歩いていたら、2つある関東出張馬房のうちの一つの前で車が止まり、中から、何と武豊 (手前、白の背中) と蛯名正義が下りてきた。
この馬は特殊ゼッケン付けているから、たぶん武豊騎乗予定のアプリコットフィズ (小島太厩舎) だ。
しかも、どちらかというと、蛯名正義が武豊を案内しているというムードがある。
栗東トレセンなのにだ。
いやあ、ちょっと例年にないムードの秋華賞になってきた。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<関西馬の牙城 | メイン | 考える健さん>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/619-fee90ffb

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。