スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ディープ最大の大物?
2010/10/21(Thu)
ダノンバラード(池江郎)
陰になってやや見にくいけど、「ようやく出てきたディープ産駒最大の大物」との噂もあるダノンバラード (池江郎厩舎) です。
菊花賞の日曜の新馬戦に登場です。

実は3週ほど前、厩舎周りを引き運動するディープインパクトの市川厩務員 (池江郎厩舎) を見つけてカメラを向けると、「乗峯さん、撮影するなら、後ろ歩いてるあれでしょう」と指さして教えてくれたのが、このダノンバラードである。
ディープ初年度産駒、ここまでもう一つ、「これはとんでもない、ディープ2世か」と言われる馬が出ていないように思われる。
やはり、池江泰郎厩舎・武豊騎乗というシチュエーションで度肝を抜く馬は出るか。
トゥザグローリー(池江郎)
その先に撮った市川厩務員の馬がこれ (肝心のハンサム市川厩務員が隠れてしまったが)。
トゥザグローリーである。
この撮影のあとのアイルランドTでは「息子厩舎」のトーセンジョーダンにわずかに競り負けて2着だった。
市川さんはいまフォゲッタブルと、このトゥザグローリーという、良血2頭を中心にやっている。
どちらもまだ惜しいところでGⅠには届いていない。
来春に定年解散を迎える、メジロマックイーン・ディープインパクトを出した名門池江郎厩舎、最後のGⅠはこの市川厩務員担当の2頭から出るだろうか。
それとも上のダノンバラードの2歳GⅠということもあるかもしれない。

池江郎厩舎解散も残念だが、この良血馬たちがどこの厩舎に行くのかも気になる。
そして市川厩務員や池江敏行助手というディープ・スタッフ (池江郎厩舎の個人的知り合いもこの二人だけなので) がどこに行くのかも気になるところだ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<これは出しておかないと | メイン | 遅かりし!>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/625-a69a8068

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。