スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
美男子ふたり
2010/11/16(Tue)
トゥザグローリー・市川厩務員
「馬の横に立ってくれませんか」と頼むと、調教師でも担当厩務員でも、「こいつ噛むからなあ」と、にが笑いして警戒する人、けっこう多いんだけど、この市川厩務員とトゥザグローリー (池江郎厩舎) はすっと寄り添い、馬がカメラではなく、担当者の方を意識して、そっと寄り添うような感じになる。こういうの、いいよなあ。

昔、塾で中学生に数学教えてたとき、めちゃくちゃ勉強できて、かわいらしい女の子がいて、その子、めったに質問しないんだけど、珍しく「先生、ここなんですけど」と聞いてきたことがある。「ああ、ここはねえ」と横に座ると、その秀才の女の子、「うん?」てな感じですっと、ごくわずかだけど、頬を近づけ、腰を寄せてきた。
普通、中学生の女の子なんかだと、横に座ると、程度の差はあれ、やや離れ加減の体勢になるものだ。
「な、なんや、こいつ、才能あるやないか」と、質問に答えるのも忘れてドギマギした。
トゥザもそんな感じやなあ。男どうしなんだけど。

市川厩務員はご存知ディープインパクトの担当厩務員。それはもちろん知っているが、先週厩舎たずね、「この厩舎でいま重賞19個なんで、先生の引退までに区切りの20個にならないかなあと思ってるんです」と言われたときは驚いた。
重賞19個だよ。
ディープの前にも、このグローリーのお母さんのトゥザヴィクトリー以下数々の有名馬を担当していたらしい (色々馬名聞いたんだけど、忘れてしまった)。
普通、厩務員生活の中で、担当馬で重賞一つは取りたいとよく願うものだが、もうケタが違うね。
こんなに重賞取ってる厩務員、ほかにいるのかなあ?
フォゲッタブル・市川厩務員
こちらは市川厩務員のもう一頭の担当馬フォゲッタブルです。

撮影角度が悪くて、なんだかホウキの柄をくわえさせてるみたいに見えるなあ。
失敗した。

フォゲッタはJCも考えられたんだけど、出走枠がなさそうで、おそらく去年快勝したステーヤーズSに回るとのこと。

さっき調べてみたんだけど、ぼくの持つ資料の限りでは池江郎厩舎は中央重賞が66だと思う。
つまり、そのうち3分の1近くを、この市川厩務員の担当馬で上げたわけだ。
メジロマックイーンは早川さんという人の担当だったから、たぶん、マック以後の中心ラインをやってきたということになる。

ただ、池江郎厩舎、GⅠはディープの06年有馬以来出てないから、調教師定年までにもう一つGⅠが欲しいところだろうなあ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<JC祝い | メイン | ゴールデン・テーブル>>
コメント
- お久しぶりです -
勝手に師匠と呼ばせていただいております者です

本文には関係なくて申し訳ございませんが、師匠は競馬が外れ続けても精神的にダメージを負ったりしないですか?
京王杯のドゥマーニはお見事でした
でもそれ以来のヒットはご無沙汰のようで(え、そんなことはない?)

やはり予想を的中させることでしか精神的に立ち直ることは無理なのでしょうか?

長々と失礼しました
2010/12/05 19:46  | URL | ひろし #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/635-ffd2670d

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。