スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日高さん、ごめんなさい
2010/12/13(Mon)
(8)左プロヴィナージュ中島助手・右ホエールキャプチャ日高助手・中、馬屋原整体師
以前、女王杯前の小島茂調教師主催「栗東お別れ会」の写真を「ゴールデンテーブル」という題でアップした。
ぼくが座った側にアパパネの福田調教厩務員、アニメイトバイオの中島調教助手がいて、この写真は出したが、向こう側のプロヴィナージュ本田助手(小島茂厩舎)とホエールキャプチャ日高助手(田中清厩舎)の写真は出せないでいた。
「ゴールデンテーブル」という題なのに、手前の側だけ出して、向かう側はなぜ出せなかったかというと、つまりこの写真を見てもらえば分かる通り、すべての原因はこの撮影ミスにあります。
痛恨のヘタクソ撮影だ。
日高さん、ごめんなさい。
(左が本田助手、真ん中は関東からわざわざ馬の馬体調整のためにやってきた馬屋原さんという整体師さんだ。馬屋原という名前は本名らしい、念のため)
なんでこんなことになったんだろう?
このとき、日高さんは馬のように激しく首を振ってたんだろうか?

「この写真はお蔵入りだな」と思ってたんだけど、今日のJF、大本命レーヴの強さはまあ仕方ないにしても、わが◎ホエールが快走してくれて、これは御礼の意味でも日高助手の写真を出したいと思った。
こんな写真になってしまったけど、日高さん、ハンサムだし、ニコニコしてすごく感じのいい人だった。

このとき、アパパネの福田さんも、アニメイトバイオの中島さんも、プロヴィナージュの本田さんも、みんな「女王杯終わったらすぐに美浦に引き上げる」という話だったが、日高さんだけ一人「ぼくは来月のジュベナイルまでいます。みんな帰るんで寂しいけど」と言っていて、それがまたすごく素直な雰囲気で、「うわ、ホエール、断然注目」と思っていた。
その通り、日高さん、孤独に負けず、ホエール見事な調整ぶりだった。

桜花賞のときもまた栗東に来てください。
そのときはきっちりいい写真撮りに行きますから。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<イクスキューズ ① | メイン | JC祝い>>
コメント
-  -
 右の方が大きくぼやけてますね。
右手シャッターを強く押しすぎの手ぶれですわ。
カメラを揺らさないよう、もう少しやさしくシャッターを押して下さい(笑)。
2010/12/14 22:07  | URL | 写真屋 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/637-b5c4432f

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。