スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
20年後の芦毛馬
2010/12/24(Fri)
メイショウベルーガ
「有馬ゼッケン」は見つけたら全部撮ろうという鉄の方針でいったのだが、なぜか写真撮れたのは、知り合いの厩舎や担当者のものばかり。
これまでも紹介した馬がほとんどになった。
これも巡り合わせなのかなあ。
ブエナビスタなんか、厩舎も(ぼくの場合)行きづらいものがあるし、下見所でも見かけたことがない。どういうことなんだろう?

それはともかく、長年の友達・古小路重男助手(元騎手)の乗るメイショウベルーガです。
右奥にいるのは、調教前のベルーガの歩様を見る池添調教師です。

必勝を期したエリザベス女王杯をイギリス馬にやられたが、ベルーガ自身はよく走っている。ジリジリ伸びてくる脚は雪でも降って時計のかかる馬場になれば、狙い目にも思える。

今回、芦毛馬はただ一頭だけの参戦だ。
有馬記念の芦毛馬制覇はオグリキャップ以来出ていない。
20年ぶりの芦毛馬勝利がオグリキャップの死んだ年に出れば、これはドラマだが。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<角居さん、おめでとう | メイン | これがもう一頭>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/649-2be848da

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。