スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ごほうびだよ
2011/05/23(Mon)
コティリオン・橋口調教師(縮小版)
NHKマイル2着で見事にダービー権利を取ったコティリオンにほうびを与える橋口調教師と、「どうも恐縮です」と呟いているダービー穴馬です。

去年、ローズキングダムでのダービー騎乗、お母さんのローズバドでは中央初重賞を取っているし、小牧太も気合いが入っているだろうと思っていたのが直前に騎乗停止をくらって、小牧太、泣くに泣けなかったことだろう。
このコティリオンも、ラストチャンスを小牧みずから手繰り寄せたところがあるし、そのあと2週「騎乗停止にならないように」という感じだったが、今年は見事クリア。
「一年前の借りを」という雰囲気だろう。

スポニチ・コラムにも書いたが、橋口厩舎、これでダービー出走が18頭目になる(たぶん)。
橋口調教師の顔を見るなり「これって日本記録じゃないんですか?」と興奮して言ったが「いやあ、現役では最多ってことだろう」と軽く笑われてしまった。
帰って資料見ると、尾形藤吉というとんでもない人がいる。
ダービー優勝8回(昭和9年から昭和52年まで40年以上かけて達成)、出走87頭というとんでもない記録を持っている。
しかしこれは定年もなく50馬房もあった(らしい)時代の話だ。
少なくとも平成以降の厩舎では18頭は圧倒的に最多出走だ。

人気はそんなにないだろうし、気楽に大外一発とか発揮すれば、悲願のダービー制覇もありうるはずだ。
小牧太の破顔
「これが小牧太の笑顔」と言いたいところだけど、でもこれは去年の春、「ローズはスプリングSから始動?」などと会話していたときのものだ。

でも、いまもこの笑顔の心境だと思う。
いつもまるで橋口厩舎スタッフのように、たくさんの所属馬の調教をつけていて(ローズが小牧の手を離れたあとも、ローズの調教をよくやっていた)、「橋口厩舎の馬でダービー勝つ」というのは、小牧太にとっても悲願のはずだ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<ベルシャザール撮影会 | メイン | 真っ赤な調教師>>
コメント
-  -
姑息な人間は18頭目が日本記録かどうかネットで検索してから
「昔は何十頭もダービーに出走させた人はいますが、最近の調教師では18頭って凄いですよね~」
などと、さも知識として最初から知ってたみたいな言い方をします。『競馬検定受けたら一級ぐらい軽い軽い。あ、資格とかには興味ないし検定なんか受けないけどね。』とでも言いそうな顔をして。
それをしない正直なところがどんな下ネタ書いてても女性読者も惹きつける品の良さなんでしょうね~。

コティリオン、1勝馬のダービー優勝はどうなのか。
大昔(戦争前)に何頭かいますね~
競馬検定の最低級をスベッたぼくが見栄はっても仕方ないので、ネットで調べてみました。
コティリオン勝ったら戦後初です。
2011/05/24 09:09  | URL | 野口 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/687-7076e555

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。