スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ベルシャザール撮影会
2011/05/26(Thu)
ベルシャザール撮影会(縮小版)
これは先週水曜の撮影。
松田国厩舎で馬房のベルシャザールなどを撮らせてもらい、帰ろうとすると、大勢のプロカメラマン (まあ、ぼくだって“プロ”と言いたい人がいれば、言ってもらって構わないんだけど) たちが押し寄せてくる。
「今から競馬週刊誌のための馬体撮影があるんです」と言う。
「ああ、巻末グラビアなんかに出てるあの撮影だな、そうか、来週はダービー号だもんな」と納得する。
カメラマン、10人はいたと思う。
「これは、これは」などと言いつつ、カメラマンたちの後ろから一緒に何枚か撮って、「オレもプロカメラマンの端くれ?」などと悦に入った。
(手綱持っているのは、お父さんのキンカメも担当した黒野調教助手です)
松田国調教師
で、これが今週の撮影。
調教スタンド前に出てきた松田国調教師、開口一番 「おかしいんだよねえ、週刊競馬ブックにもギャロップにも載ってないんだよね、うちのベルシャの写真が」と言いつつ、何度も、まるで子供がなくなったお気に入りのオモチャ探すように、競馬週刊誌をめくり返す。
「11頭も写真が出てるんだけどなあ。うちのベルシャの写真はない。・・・うちのベルシャも皐月賞は3番人気だったんだけどなあ・・・」
どこまで本気なのかよく分からない、恒例の“松国節ぼやき”だ。
このぼやきが出るときは、実は、松国調教師は上機嫌なのだ。
ベルシャがうまく仕上がった証しである。
(調教師の右の、ごめん、若干変な顔で撮ってしまった、メガネの若者はスポニチ岡崎記者である)
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<仲良し? | メイン | ごほうびだよ>>
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/28 15:59  | | #[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/688-99bac3b3

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。