スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
痛恨!
2011/06/25(Sat)
(3)無人角馬場
スポニチにも毎日jpにも書いたけど、「今週の宝塚追い切りだけは本気だ」などと、何が本気なのか分からない気合いを入れて、午前3時半に大阪の自宅出発、4時半倉見門到着、「ここからまだ800メートルぐらい距離はあるが、何としても坂路開場の午前5時までには坂路坂上の角馬場まで行ってやる」と痛風気味の脚を引っ張りながら、坂道上がった。

坂路上角馬場、開場前でごった返しているはずだったが、全然そんなことはなかった。ご覧のようなありさまだ。
シーンだ。人ひとり、馬一頭いない。
「え?震災の影響で、今年の宝塚は追い切り自粛?」と、常識で考えればそんなことありえるはずないのに、本気でまずそれを思った。
仕方ないから、ベンチにただ一人座って、頼みのグリーンチャンネル・撮影スタッフ、最近自分勝手に「乗峯坂路撮影アドバイザー」に任命した (もちろん無報酬) 丸ちゃんに電話する。
「えー、乗峯さん、今日は6時開場ですよ、5時開場は7月からです、ははは」と笑われる。
クッソー、せっかくひとが一世一代の決意して出てきたというのに。
「あ、でも、5時半には我々もそっち行きますから、しばらく待っててください」
丸ちゃん、やっぱり優しい。
でもひまだなあ、寂しいなあと思っていると、この時計の右っ側の逍遙馬道を数頭の隊列が通り過ぎる。
そのなかから「何してるんですか?そんなとこに一人で」と馬上から声を掛けられる。
う?と見ると、角居調教師ではないか。
最後尾にはGⅠゼッケン、つまりルーラーもいるではないか。
坂路開場はまだでも、逍遙馬道使ってウォーミングアップは行われるんだ。
慌てて、馬道の所までのぼってルーラー撮ろうとしたが、後ろ姿しか撮れないし、この太く白い柵は邪魔だし、ほとんど形が見えないものしか残らなかった。
(5)池江調教師・5時15分
ルーラーを含む角居軍団をむなしく見送って5分、たぶん午前5時15分ぐらいだった。
今度はベンチの後ろから「何してるんですか?こんな早くから」と声を掛けられる。
う?と振り向くと、何とあの池江調教師ではないか。
「時間間違えたんです、1時間早く来てしまったんです」と大のおとなが泣きそうな声を出すと、「ははは」と笑って、「うちのメンバー、いまから逍遙馬道上がってきますけど、見ますか?」と言ったのだ。

うちのメンバーって、ひょっとして、宝塚5頭出しのこと?
「見ます、見ます、見ますよ、写真撮ってもいいですよねえ?」と犬ころのように答えて、調教師について馬道の方に行く。

あのねえ、そりゃ確かに追い切り時間間違えるようなボケた取材者だけど、1時間前の5時に着いてね、誰もいない角馬場のベンチに一人座って「寂しいなあ」と呟いているその15分の間に、一番人気確実のルーラーの角居調教師と、ダービー勝ったあと宝塚5頭出しする池江調教師、この花形二人に声掛けられた訳よ。

どうよ。
誰か誉めたらどうなの?
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<池江軍団 | メイン | 韋紀力>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/698-b5fe1927

「ビールを飲んでも大丈夫」な無理のない痛風克服方法
痛風は、正しい解消法の知識を身に着け、日々の生活の中で改善方法を実践し続けていくことで克服できるのです。ぜひ、貴方もこのレポートを利用して無理なく痛風を克服してください。 …
2011/06/25 19:26  痛風を最短で解消するレポート
  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。