スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ヒカルアマランサス残念
2011/08/06(Sat)
ヒカルアマランサス(高野)
先週撮った写真だが、このとき、向こうで手綱引いている、たぶん川辺助手 (間違ってたらごめんなさい) は、「あ、写真撮ってくれるんなら、乗っとけばよかったなあ」と笑顔で言ってくれた。
いつも「すいません、すいません」という感じで写真撮っている者にとって、こういう言葉は最高に嬉しい。

ひょっとして池江泰郎厩舎から高野厩舎に来た看板馬ヒカルアマランサスではないかと思ったので、「あ、これって、ヒカル・・・?」と言いかけると、「そう、ヒカルアマランサスです」
「あ、来週使うんですよねえ?」
「そう、関屋記念行きます」と歯切れのいい言葉が返ってきた。
これは調子いいんだなと踏んで、今週水曜入れのスポニチコラムで「おかず余らんサス?」てな意味不明の見出し付けて出したら、すぐにデスクから電話がかかってきて、「大変残念ですが、ヒカルアマランサスは鼻出血で出走回避です」と言う。
そうかと思いながら見出し差し替えた。

で、今日、競馬ニュース見ると「ヒカルアマランサス引退、繁殖へ」と出ていて、またまた驚いてしまった。
新興高野厩舎は村本善之(メジロデュレンの有馬、アドラーブルのオークスなど勝った元騎手)、池江敏行(ディープインパクトの調教担当)という二人の調教名人を泰郎厩舎から受け継いで、それもあってダービー出走を果たすなど大変好調だが、重賞馬ヒカルはやや早めの繁殖入りとなったようだ。

しかし高野厩舎にはジャッカル、リジルの期待のエーシン2頭がいるし、コスモルーシー、エイシンキンチェムという既にして新馬戦を勝った馬もいる。
「最年少ダービー・トレーナー」の称号を目指していくんだろうと思う。

高野調教師

で、これが (馬より早い自転車走なので遠写しになってしまったが) 最年少ダービー・トレーナーを目指す高野友和調教師だ。

坂路から自転車で降りてきたところだ。(ぼくはこれから上ろうとしているのに)
時間的に言うと、上のアマランサスを撮った時間より、こっちの方が2時間ほど早く、このときも「アマランサスは関屋記念行きます」と期待のこもった話しぶりだったのだが。
コスモルーシーのラベンダー賞がだめだったので、「夏の2歳重賞は使いません」とも言っていた。
もちろん照準は来年のダービーだ。

全然関係ないけど、こうやって見ると、同じオレンジ一色の厩舎カラーでも、平田厩舎とはやや色合いが違う。
高野厩舎カラーの方が、よりジャイアンツっぽい。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<よかった、よかった | メイン | 函館2歳取ったことある>>
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/08/17 14:16  | | #[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/705-08c18662

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。