スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
おめでとう!
2011/12/08(Thu)
高橋康之
今日、調教師試験の合格発表があり、関西からは恐らく4人の合格者が出ていると思うが、その中でも特に個人的に親しい高橋康之調教助手(坪厩舎)・元騎手の写真を出させてもらう。
(ほかの人たちももちろんおめでとう)

ここ5年ぐらい1次試験に通り続け、「今回こそ本命だろう」と言われながら、涙を飲んできた。
(この写真は3年ぐらい前、「調教師合格時用に使うから」と言って撮ったものだ)

92年のジョッキーデビューで、これもまったく個人的なことだが、これはぼくがひょんなことから競馬マスコミ中途採用になって、トレセンに行きだした年と同じ、つまり「同期生」である (向こうはそんなこと全然意識してないだろうけど)。
あと「同期」は現役の上村洋行、調教助手として活躍している橋本美純、菊沢隆仁ということになる。

康之新調教師は池江泰郎厩舎所属 (マックイーン菊花賞の内田浩一騎手の弟弟子) だったが、騎手としてはもう一つ花が咲かなかった。しかし地道に努力して、栄冠を手にした。
いい厩舎を作って欲しい。

高橋亮くんも通って、これはお父さんの厩舎を継ぐんだろうが、「高橋厩舎」は関東に3つ、関西に3つできることになる。どうでもいいけど、“同名厩舎”としては最も数が多いはずだ。

これも長年の付き合いの森田直行調教厩務員(松田博厩舎)は2次でだめだったみたいだなあ。
彼ももう何年も連続で1次試験通っているんだけど。うーん、どうなんだろう。
003_20111209013356.jpg
古いアナログ写真が出てきたので、出してみます。

恐らく95年ぐらいの撮影ではないかと思う。
矢作(当時)調教助手宅で行われた、競輪選手「中武克雄を囲む会」だった。

前列左から、現共同通信所属でグリーンチャンネル・パドック解説をしている永井晴二、中武克雄夫妻(当時)、日吉正和、高橋康之(当時)騎手、佐藤淳(現)荒川厩舎スポークスマン。
後列左から矢作夫人の胸に手を突っ込みそうなのが森田直行調教厩務員、矢作(現)調教師夫妻、クロフネなど担当した渡辺勉(現)松田国厩舎調教助手、その前、日吉正和にパンチしそうなのが、小林常浩(当時)調教助手・現ライター、その右が細かったころの乗峯で、その右がビワセイハなど担当した川上厩務員(現須貝厩舎)、その後ろ、右から2番目が長浜厩舎でファイングレインなどを担当した掛谷厩務員である。

コメントに「ぼくも年とったなあ」というのがあったけど、こうやってみると、乗峯先頭に、みんな年とりました。
最前列の小さくて若いジョッキー2人が、いまやどっちも「先生」だからね。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ナキヤマ? | メイン | 迷ったら素数馬を買え!>>
コメント
- ダイタクリーヴァ -
高橋亮くんも通ったんですか。
橋口厩舎所属で可愛がってもらってダイタクリーヴァに乗ってちょい届かずの頃が懐かしいです。
安勝に乗り替わったマイルCSでもアグネスデジタルにやられたから馬の運命だったのでしょう。
僕も年とったなぁ。
2011/12/09 00:13  | URL | やましん #9a041MnE[ 編集] ▲ top
-  -
高橋亮くんの合格でとうとう
同い年の調教師が誕生ですか。
ダイタクリーヴァは懐かしいですね。
マイルCSは直前落馬→アンカツに
乗り替わりで1番人気に「嗚呼、
亮くんが足かせになってたのか」と
思ったもんです。
2011/12/09 22:31  | URL | 篠沢教授 #9l3cp6BM[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/729-fbfb3c21

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。