スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ナキヤマ?
2011/12/09(Fri)
ウイリアムス会話2
 今週のスポニチコラムに書いたんだけど、これは先週水曜坂路坂上での撮影です。
 前が調教助手(名前分かりません、ごめんなさい)の乗るフレールジャック(鳴尾記念4着だった)で、後ろはクレイグ・ウィリアムズの乗るアドマイヤヘッド(共に友道厩舎)です。
 この助手の人、英語堪能のようで、二人でちゃんと会話している。
 でもこのあと、馬道の向こうとこっちに分かれるとき「ユア・ホース、ナキヤマ?」とウィリアムズが言う。
 これにはさすがのフレールの助手も「はあ?」
 ウィリアムズは更に大きい声で「ユア・ホース、ナキヤマ?」と叫ぶ。
「あ、ウィリアムズ、お前の乗ってる馬は泣き山か?」と聞いてる。
 泣きウサギとか泣きムシとかという言葉を日本通のウィリアムズは知っていて「お前の馬は山のようにデカいが、すぐに泣く弱虫だろう?」って喧嘩売ってんだ、きっと。
 フレールの助手が寄ってくる。「ナキヤマとは何だ!」って喧嘩になるぞと緊張していたら「ナキヤマ?オアハンシン?」とウィリアムズが言い「オウ、ハンシン」と助手が納得して答えて笑顔で別れた。
 なーんだ。今後のために「ナキヤマNO!ナカヤマOK!ユーノウ?」ぐらい言ってやったらどうなんだ?と思ったが、それがこの調教助手の優しさなんだろうなあ。
 オーストラリア英語というのは、「グッデイ」を「グッダイ」、「サンデイ」を「サンダイ」とか言うとか聞いたが、「ナカヤマ」は「ナキヤマ」になるんだなあ。
「ナキムシ」は「ナカムシ」になるんだろうか?
 とにかく「カ」とか「デ」とかいう発音が苦手なんだな、きっと。
 前にグレン・ボスと話したとき、「オーストラリアのどこ?」って聞いたら「シニィ」って言うから「はあ?」
「シニィ」「はあ?」と3回ぐらい聞き直して「ああ、シドニーかいな、シドニーならシドニーってはっきり言えよ」と思ったことがあるが、ネイティヴ発音てのはびっくりするものがあるなあ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<エピセアローム | メイン | おめでとう!>>
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/12/09 17:32  | | #[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/730-cc72f2cf

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。