スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
マイ・フェイバリット松山
2012/03/08(Thu)
153.jpg
日曜、中京競馬場コケラ落とし重賞・中日新聞杯スマートギア(佐山厩舎)で、見事初重賞を手にした、マイ・フェイバリット騎手・松山弘平です。
とにかく今週のテーマは関東出張馬房でハナズゴールを撮ることと、松山弘平の記念写真を撮ることという、この2つだったんだけど、関東馬房の方は時間を選んでいけば多分大丈夫だろうが、松山弘平はなかなか難しい。
厩舎でじっと帰りを待っている訳にもいかないし、時間を選んで厩舎行くと「弘平?弘平はもう帰ったよ」などと言われる。
(所属はフリーになったが、いまだに池添厩舎服を着用しているように、“池添厩舎の松山”は維持しているようだ)
「池添厩舎の青に白Vの服で、青ヘルの騎乗者いない?」とずっとキョロキョロしていると、コース調教に入ろうとしている人馬がいる。
「ウニャ、あれは松山弘平ではないか!」
でも、ここで走ってはいけない。下見所で走って、これまで何度怒られたかしれやしない。
早足、早足で頑張って歩いて、ようやく入口近くで声が届く範囲になる。

「松山くん、松山くん」と呼ぶと、こっち向く。
「初重賞おめでとう。馬券も取らせてもらったよ」と言うと、満面の笑顔を見せてくれた。
ほんと、笑顔がかわいい。
あまり才気煥発に喋る方ではなく、その意味では岩田康誠タイプかもしれないが、この笑顔はファンをつかむよな、きっと。
神戸六甲アイランド出身の初の騎手、松山弘平、今年もまたいい出足だ。

(あ、乗ってるこの馬はマーブルメーカーという池添厩舎の惜しい戦いが続く未勝利馬だけど、今週出るのかな?)
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<帰ってきた主力艦 | メイン | マイケルの馬>>
コメント
-  -
私の中ではマイフェイバレット馬がスマートギアだったので、勝った瞬間、TVに向かって泣き泣き叫んだ
「キャー、勝っチャッター(T.T)」
2012/03/10 19:27  | URL | #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/752-90697f64

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。