スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
出し遅れだけど
2012/09/17(Mon)
(4)ラスヴェンチュラス・小島茂之調教師
レースが終わって、出し遅れだけど、見事秋華賞の権利が取れた (1、2着とはちょっと差があったが) 関東馬ラスヴェンチュラスです。
小島茂之さんは東京の結婚披露宴にも出向いた、関東で唯一の知り合いの調教師なんだけど、坂路にいると、調教師自身が乗って出てきた。
「お、来てるな」とこっち見て言うので、「あ、それはラ、ラ、ラスヴェン・・・」などという言葉しか出てこない。

なんといっても予期せぬ出会いだし、歩いている馬でもあっと言う間に通り過ぎるし、馬名はちゃんと覚えてないし、困ったものだ。
それでも茂さん、こっち見て「そう、そう」と笑っていた。
とりあえず権利取り、おめでとう。
しかしブラックエンブレムもあるし、女王杯のクイーンスプマンテもあるし、小島茂厩舎の栗東滞在はいい方に出ている。
ハナズは残念な直前取り消しだったが、夏も走っていたし、かえっていい休養になったかもしれない。
とにかくラスヴェンとハナズは関東出張馬房で、3馬房ぐらいしか離れていない。
ハナズは重賞勝っているから出られるはずだし、秋華賞でのこの2頭は注目だ。
(6)ラスヴェンチュラ・諏訪間助手
とにかく関東出張馬房というのは、初対面でもみんな親切で、場所は厩舎地区の一番端で遠いんだけど、行きたくなるところだ。
特に小島茂調教師が来ているということで、調教終わりに寄ってみると、「あ、調教師ですか? ちょっと待ってください」と外を見て「ああ、車がないなあ。どっか出かけてますねえ」と言われる。
まあ、茂調教師というのも忙しい人だ。
そう案内してくれたのが写真の諏訪間助手で、ラスヴェンチュラスの担当だ。
この日はハナズゴールの方には田辺裕信も関東からわざわざ追い切りに来ていたようだし、関東にも馬がいるだろうに、調教師、騎手、調教助手などが大勢そろって、この熱意が栗東滞在を好結果につなげていくのだろう。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<友道厩舎の秋か? | メイン | いまの段階での限界>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/806-4217e876

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。