スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
お待たせダイワレーヌ
2012/09/28(Fri)
ダイワレーヌ23
スプリンターズステークスの週だから、優れた短距離馬たちから出さないといけないんだろうけど、ダイワスカーレットの初仔ダイワレーヌを松田国厩舎に撮りに行ったら、テレビ東京スタッフが来ていて、テレビ東京は関東だからよく分からないけど、たぶん土曜放送だろうから、それより先に出したいという、ほんとにチンケな競争心で、まずダイワレーヌから出します。

栗毛のダイワスカーレットに、芦毛のチチカステナンゴの配合なんだけど、黒鹿毛の子が出てきた。
こういうこともあるんだね。
ダイスカは500キロぐらいあったけど、このレーヌは450キロぐらい。両脇にホットバタードラム(牝)、ブロードソード(牡)という新馬が一緒に入ってきたが、この2頭が大きいものだから、何だかこじんまりして見えた。
入厩10日ぐらいたって、馬房にも落ち着いてきたようで、大勢見物人が来ても、人なつこいところをみせていた。
ほかのチチカステナンゴ産駒もそうみたいだけど、この体型から言うと、馬力で押す短距離よりも、中長距離型ではないか。
これから松国流調教と配合飼料で、トモや肩なんか、グンと張ってくるんだろうけど。

(お二人の方の指摘で、ちょろっと間違いを改めました。ありがとう)

あ、ジョナゴールドさんお気に入りのトイプードルの“モモ”ですが、やっぱり調教師会か何かの取り決めで厩舎に連れてこられなくなったようです。残念です。
そういえば、河内厩舎の黒のラブラドール“リン”も見かけなくなったなあ。
馬と犬って相性がいいみたいなんだけど、何かあったのかなあ?
ダイワレーヌ18
これはテレビ東京用にデモンストレーションするところを後ろから撮ったものです。
見ていてください。
ここから、日を追うごとに、尻や肩に筋肉の割れ目の筋が入っていくから。
それが松国馬の特徴です。

手綱を引くのは、ダノンシャンティもやっていた高橋一宝(かずたか)調教助手。
まだ20代後半の若い人だが、明治大学馬術部でも活躍したエリートだ。
この人も覚えておいた方がいい。
すぐに調教師になって、松国厩舎出身調教師として、角居、友道、高野各調教師と肩を並べていくような匂いが十分する。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<パドトロワ・スタッフ | メイン | マウントシャスタ>>
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/28 22:38  | | #[ 編集] ▲ top
- (笑)!(笑)! -
スプリング×

スプリンターズ○


ですね!
2012/09/28 23:32  | URL | 洋食 #-[ 編集] ▲ top
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/10/05 00:20  | | #[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/810-3564166c

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。