スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
夕焼けではない
2012/10/18(Thu)
朝焼け1
調教スタンド前の時計塔です。
10月17日(水)6時2分、見事な朝焼けだ。(なぜか調教終わりの午前10時頃から猛烈に雨が降り出したが)
「見事な朝焼けを思わず撮ったんですね」 などと思ってもらっては困る。
6時馬場開場のいまの時期、この6時2分というのは、最も大物たちが追い切っている時刻である。
呑気に朝焼けなど撮っていてはいけないのである。
しかし5時50分 「もうどう頑張っても、坂路一番調教のはずのゴールドシップ追い切りには間に合わない。最低でもここから坂路上まで15分はかかるから」 と悟り、「しょうがない、今日は平場の下見所で菊花賞ゼッケン、天皇賞ゼッケンを見つけよう」 と決め、ふと時計台の方を見ると、見事な朝焼けで、つまりこの写真は 「諦めの境地」 を表している一枚なのである。
この写真からそこまで読み切れた人はエラい!
ゴールドシップ2
そうこうしているうちに、菊花賞ゼッケンの芦毛馬が平場下見所に現れた。
坂路追い切りを理想的タイムで仕上げて、平場コースを通って地下通路から出てきて、これから悠然と厩舎に戻ろうとするゴールドシップである。

しかし平場下見所というのは、一斉に馬たちが往来するから、たとえGⅠゼッケンを見つけても、どうしてもシャッターチャンスに後れが出ることになる。
こんな後ろ姿しか撮れないという悲しい結果になる。
青いジョッキーヘルのこの鞍上は誰だろう?
内田博幸じゃないだろう。
内田博幸はヴィルシーナ追い切りと合わせて先週来ているように思うし(先週は痛恨の寝過ごしでトレセン行けてない)、後ろ姿も違う感じだ。

まあ、とにかく「ああ、もう行っちゃうんだ、ゴールドシップ、朝焼けきれいだったよ」などと悲しげなことを言いながら撮った一枚である。

あ、すいません、スポニチ岡崎記者の指摘通り、こりゃ、トリップですね。
大変失礼しました。
菊花賞ゼッケンで、芦毛で、最後の「ップ」が確認できるから、これはゴールドシップだと早とちりしてしまいました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<はるか望遠ですが | メイン | メイショウ関白太政大臣>>
コメント
-  -
これトリップですよ。鞍上は小牧さん。
2012/10/22 10:59  | URL | スポニチ岡崎 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/815-0ec25032

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。