スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
新怪物か
2012/10/27(Sat)
カレンブラックヒル(平田)
そうそうたる古馬陣を押さえて、土曜昼現在1・8倍の単勝オッズになっているカレンブラックヒルだ。
このオレンジで統一された平田軍団の一番前の馬です。

といっても、残念ながら最近の写真ではなくて、2月初旬、新馬戦を快勝した直後あたりに撮ったものです。
(最近の写真を探したんだけど、残念ながらこれしかなかった、悔しい)
このときは5連勝、無傷で秋の天皇賞に臨むなどとは、まさか陣営も考えてなかったことだろう。

開業早々、ベッラレイアという馬を得て、厩舎行って「開業早々すごい馬にブチあたりましたねえ」と言い、「あ、ブチあたったは失礼か」と言い直したが、平田調教師は「いや、まさにブチ当たったという感じですよ」と笑っていた。
そのベッラレイアは、ウオッカ、ダイワスカーレットと同世代で、この世代でなければGⅠの一つや二つ取れていただろうが、2強の抜けたオークスでも、あと一歩のところでローブデコルテにやられるなど、紙一重のところで大魚を逃した。
GⅠて厳しいなあと、平田調教師も思ったことだろうが、でもコツコツやっていれば、こういうブラックヒルのような逸物に出会う。

個人的には1・8倍の馬は買わないが、無敗のスーパースターが出れば競馬界は盛り上がる。
2千のGⅠを勝てば、オルフェーヴルとの対戦も期待できる。
馬券外れても、ブラックヒルが勝てば、それはそれで嬉しい。諦めがつく。

そう、この 「諦めがつく」 こそ、わが35年競馬歴から絞り出した処世訓だ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<行幸啓の天皇賞馬 | メイン | 須貝・内田コンビ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/818-09c1a7a4

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。