スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
行幸啓と遷都(続き)
2012/10/30(Tue)
CIMG0473_convert_20121030045740.jpg
これは前にも出したことがあるかもしれないが、淀競馬場の駐車場とスタンドを結ぶ陸橋の下 (歩行者地下道の上) にある 「戊辰戦争(鳥羽伏見の戦い)戦没者の慰霊碑」である。
今回は直接、鳥羽伏見の戦いのことを書こうとは思わないが、写真ブログなので、東京遷都とも競馬場とも関係のあるこの写真を出しておこうと思う。

 よく知られているように古代においては、宮(都)は天皇ごと、あるいは同一天皇の間でさえ頻繁に変わっている。
 第26代継体天皇(6世紀前半・以前、高槻市にある継体天皇陵の写真も、痛風治療の帰りに寄ったということで出した)は樟葉(くずは・京阪電車の淀の大阪寄り手前)、筒城(つつき・京田辺市)、弟国(おとくに・長岡京市)、磐余玉穂(いわれのたまほ・奈良桜井市)の四ヶ所の都を作ったと言われているし、東大寺で有名な奈良時代の第45代聖武天皇でも平城京を離れ、恭仁(くに・木津川市)、難波(なにわ・大阪市ど真ん中)、紫香楽(しがらき・滋賀甲賀市)の三つの都を作ったと言われる。
 しかしこれは想像するに、つまり天皇が供を連れて旅して(諸国視察とか、あるいは“方違え”など陰陽道の験かつぎもあったのかもしれない)「しばらくここに滞在する」と言い、「しばらく滞在する?じゃあ都じゃないか」と供の者が判断したという、そういうことだろう。
 行在所(あんざいしょ)→ 行宮(あんぐう)→ 宮(都)は、ほとんど差がなかったということではないだろうか。逆に言えば、行幸とか行幸啓というのは「ひょっとしたら遷都?」を考えさせるほど重要だったということでもある。おばちゃんたちが組を作って「ちょっと紅葉狩りして、あと温泉浸かってきまーす」という“旅行”とは訳が違う。
「そうか、大昔はそういうことだったのかもしれないなあ」などと考えてはいけない。この「行幸」の重要性はごく最近でも同じく言える。個人的にちょっと調べたのは、150年ほど前の“東京遷都”だ。
「明治になって、江戸を東京と改名し、新しく首都として定められた」とみんな思っているが、「今日から、京都ではなく東京を首都とする」という宣言が出されたことは一度もない。“王政復古の大号令”や“五箇条のご誓文”は出されたが、“遷都宣言”は一切出されていない。憲法や法令で定められたこともない。
 あるのは「行幸」と「還幸」の変化だけだ。
 行幸は“行き”で、“還幸”は帰りだ。出張がちの亭主が家から出て行くとき、子供が「もう帰るの?また来てね」と言うので涙が出たという、あれだ。
 京都競馬場の北、現在の京阪電車線路あたりをかつて“千両松”と呼び、鳥羽・伏見の戦い最大の激戦が行われたが、その鳥羽・伏見の戦いのあった明治元年(1868年)から三年にかけて、明治天皇は二度、京都と江戸(東京)の間を移動している。「行幸」だ。 一度目は明治元年9月に東幸、12月に西幸。
 二度目は明治二年1月に東幸、翌年には大嘗祭(だいじょうさい・天皇となって初めての新嘗祭)のために西幸するとされながら、それは結局かなわず、明治天皇はこれ以後東京で生活し、明治三年11月の大嘗祭は結局東京で行われることになる。
 しかし、ここで重要なのは京都から東京に行く東幸は「行幸」、東京から京都に行く西幸は「還幸」と呼ばれたことだ。還幸とはつまり、天皇が帰るということで、つまり「東京に“行く”、京都に“帰る”」だった訳だ。
 しかし明治五年になって「これからは京都への西幸も“行幸”とする」という発表があった。「これからは“京都に帰る”ではなく、“京都に行く”とする」という発表であり、つまりこれが「東京遷都宣言」にとって替わるものだった。(ただし大正天皇と昭和天皇においては即位の礼と大嘗祭は京都で行われ、現・平成天皇になって初めて即位の礼と大嘗祭が東京で行われた)。
 現在、首都機能の移転問題とか遷都問題などが言われているが、たとえ国会や首相や最高裁判所なんかが、例えば全部信州の山の中へ引っ越したとしても、天皇が東京千代田の皇居にいる限り、首都はビクともしない。東京から首相のいる信州山中へ行くのは「行幸」であり、その山の中から東京に帰ってくるのは「還幸」だからだ。
 逆に国会や首相やすべての国家官僚が東京にいたとしても、もしも天皇が「ここ、信州の山の中に住む。絶対ここから離れない」と言えば、すでに遷都である。この伝統・決まり事は、たとえ法令の定めがなくとも、千数百年に及ぶ日本の黙契である。
 行幸(行幸啓)があれば行宮を思い、行宮があれば遷都を思う。これは象徴天皇制の現代にあっても何も変わっていない。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<友道軍団 | メイン | 行宮(あんぐう)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/822-f5a7ff34



2012/11/12 07:44  
  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。