スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ハナズの次はポツプ
2013/01/26(Sat)
ポップアップハート・石崎助手3
しばらくさぼっておりましたが、水曜は今年初めてトレセン訪問してきました。
まず、何はさておき、マイケル・オーナーとも、加藤和調教師とも、野本厩務員とも知り合い (のはずの) ハナズゴールのところへ行って、京都牝Sのお祝い言って、写真をと思ったのだが、関東出張馬房、珍しく閑散としている。
乗り運動に出ているとしても、馬が生活している気配の馬房は一つか二つしかない。
こういうのは最近では珍しい。
桜花賞が近くなれば、ほぼ満杯になり、もう一つある予備のような厩舎まで賑わうはずだと思うが。

ハナズは4月の阪神牝Sに使うという話だから、それまで栗東にいるんじゃないかと思ったが、関東に帰ったんだろうか?まあとりあえず、そのへん一周して、もう一回戻ってきて、それでも誰もいなければ諦めようなどと、考える。
で、2回目訪れたら、一頭の馬の洗浄中だった。ようやく一人の人に巡り会えたわけだ。
「あのハナズゴールは?」と聞くと、「ああ、昨日、美浦に帰りましたよ」と言われる。
「ああ、そうですか。・・・つぎ、いつ頃、こっち来るか、・・・そんなの分かりませんよねえ」
「分かりませんねえ」
 おかしな問答だった。同じ加藤厩舎の人ならまだしも、この人はたぶん関東のほかの厩舎の人だろうから、よその厩舎の馬の動向なんか分かるわけないのだ。
 それでスコズコ帰ろうとしたのだが、ふと思い出し、またUターンする。
「あの、何度もすいませんが、今日坂路で外国人騎手が乗って、ベリーグッドとか何とか言ってた関東ゼッケンの馬がいたんですけど、あれはひょっとして・・・」
「ああ、この馬ですよ。ポップアップハートと言います。今週使います」
「え、今週ということは?」
「京都の梅花賞です」
「そうですか、じゃあ、あの外国人騎手は?」
「ルメールですね」

 帰って調べてみたら、ポップアップハートというのは小島茂厩舎じゃないか。個人的に関東で一番親しい調教師だし、栗東滞在で実績を上げている厩舎だし、梅花賞の成績次第では春まで栗東滞在するんじゃないだろうか。ちょっと楽しみだ。
 ハナズの次はポップアップにならないものか。
 あ、ちなみにこの担当者は石崎助手というそうだ。栗東滞在の小島茂厩舎スタッフでは初めて会う人だが、茂さんが送り込んできたんだから、きっとやり手なんだろう。
ポップアップハート・ルメール
で、これが上の写真の30分ぐらい前、坂路上の光景です。
言葉が何とも英語っぽいし、鼻の高さから外国人騎手とは分かるが、誰か判然としない。
また関東馬はオレンジ色の数字だから、すぐにそれと分かるんだけど、「関東馬の調教ゼッケン番号表」というのはないから、家に帰ってから「何ていう馬?」と調べても分からない。
左側の馬を受け取る側の人は、加藤和厩舎の野本厩務員ではないから、これはハナズゴールではないだろうとも想像がつく。
じゃ、何?何ていう馬?ということになる。
普通なら、そのまま、分からずじまいで写真はお蔵入りということになるのだが、今週は頑張って関東出張馬房に2回も行ってよかった。
これも何かの縁だ。
梅花賞、ポップアップハート応援してみよう。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<さらば笠松の風雲児 | メイン | そういえば>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/838-b067cf53

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。