スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
満を持して宝塚へ  
2013/06/12(Wed)
010_20130611235306.jpg
どうもfacebookやり出してから、こちらの更新が遅れ遅れになって申し訳ないです。
facebookの方もどうぞ見て下さいね。

たぶん今日発売されているはずの、スポニチ宝塚記念特集号で取材したオルフェーヴルと、池江泰寿調教師、担当の森澤光晴調教助手です。
いつもはレースが終わると一旦ノーザンファームしがらきへ放牧へ出されるのがパターンだったオルフェが、大阪杯後はずっと厩舎にいる。これは天皇賞出走も考えていたということではなく、凱旋門賞、ほんとに惜しかった去年の雪辱を果たすため、入念な調教をやりたかったからだと、池江調教師ははっきり言っていた。
しかし、4歳3強のそろう今回の宝塚記念、日本最高馬として自負を持つオルフェーヴル陣営が、まさか負けていいとは思っていないはずだ。
4月からのニュー調教に成果を出したいというのもあるはずだ。
4歳3強を相手にそれでも強いレースをするのかどうか、歴史的メンバーの今回の宝塚記念、興味が尽きない。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<更新しなくてすいません | メイン | 飯田調教師、大丈夫ですか?>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://norimine.blog25.fc2.com/tb.php/851-9e6d7a98

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。